ロボットプログラミング

 


今話題のScratch(スクラッチ)をベースにした、お子さま向けロボットプログラミング教室です。
性別を問わず小学校2・3年生からを対象年齢としてプログラミングを学ぶことができます。
MITメディアラボが開発したプログラミング環境「Scratch(スクラッチ)」をベースにしたオリジナルのプログラミングソフトと、自由自在に繋がるアーテックブロックを使った、全国のお子さまたちを夢中にさせているロボットプログラミング教室です。
世界中で注目されている「プログラミング」に早いうちにふれあい、プログラミングスキルを身につけていきましょう。

(※MITメディアラボとは、米国マサチューセッツ工科大学 建築・計画スクール内に設置された研究所。)
(※Scratch(スクラッチ)とは、正しいプログラムの書き方を覚えること無く結果を出せるプログラミング言語学習環境のことで、実験やアニメーション、ゲームなどの製作を通して学習のやる気を起こさせることを意図しています。)

 


2020年より大学入試が変わります!

ロボット組み立て

大学入試センター試験にかわって導入検討されている新試験は、従来の知識を問う試験から、思考力・応用力を評価する試験になるそうです。
この能力を鍛える方法の一つとして、プログラミングが注目されています。

 

プログラミング学習の義務化が進んでいます!

2012年より中学校の技術家庭科の授業においてプログラミングは必修になりました。
文部科学省は、小学校へ導入することを検討しています。

 

海外では5歳からプログラミングが必修な国も!

 

イギリスでは5歳~16歳までプログラミング学習が義務化されています。
ヨーロッパでは20ヵ国中12ヵ国ですでにプログラミングが教育課程に組み込まれているなど、さまざまな国でプログラミング教育が始まっています。

 

  グローバル化に対応するための能力です!

プログラミングを通じて、ものの仕組みを知ることで、新たな仕組みを創造する能力が身につきます。必ずしも「プログラミング教育=プログラマーを育てる」のではありません。世界中で生活にITが欠かせない今の時代、プログラミングも、英語教育と同様にグローバル人材になるためには欠かせない能力です。

 

MITメディアラボが開発したプログラミング環境「Scratch」を
オリジナルカスタマイズしたソフトを採用しています。
初心者でも簡単にプログラミング!